• 裕次郎

明石に帰りました!

みなさんこんにちは!

裕次郎です。


今日は1日休みを取り

地元である明石に帰っておりました。

僕は兵庫県明石市出身で海の真ん前に住んでいました。


いつも家に帰ると訪れる場所があります。

それが、こちら



奥に見えるのは明石海峡大橋です。

右手が淡路島ですね!

ここから海を見ながらいろんなことを考えるのが好きでした。


苦しいとき、辛いとき

楽しいとき、嬉しいとき


今までの自分を振り返り

自分を見つめなおし・・・

また、明日から頑張ろう!と思える、僕のパワースポットなのです。


悩んでいるときほど長居してしまい、1時間くらいぼーーっとしていたこともありましたが

今は目標がハッキリしているせいか

ものの10分ほどで満足したのでした。



そして腹をすかした僕は

幼馴染の実家が経営されている、明石焼きの超有名店にダンサーの友達と行ってきました。




明石焼きは、僕の地元では玉子焼きと呼ばれます。

大阪のたこ焼きの生地より玉子の分量が多く、お出汁につけて食べるのです。

外はふんわり、中はとろりとした生地の中から、ぷりっぷりの鮮度抜群の明石ダコ。

長年受け継がれている秘伝のお出汁と相性抜群。

奏でるマリアージュ・・・・





何年かぶりに訪れましたが

お店のママが、「裕次郎君やんね!久しぶりやん~~!」

と僕たちに明石限定・明石サイダーをサービスしてくれました。


玉子焼きを頬張っている口の中はあっつあつ。

きりっと冷えたしゅわっしゅわのサイダーで流し込みます。

おお・・・。うまい・・・・

これぞ至福。


お昼のオープンと同時に訪れましたが、すでに10組ほど並んでいました。

駐車場には県外のナンバーを付けた車がズラリ・・・

ここの玉子焼きを食べにくるためだけに明石を訪れる人も多いのです。

玉子焼きの名店です。「ふなまち」といいます。

ぜひみなさんも行ってみてください★


心もお腹も満足になり

英気を養うことができました。

明日からも、全力で頑張ります!!!(^^)/



さてさて、こんな地元の話をしましたが

私たちエニーの活動している大阪は、たくさんの地域出身の方が集まります。

メンバーさんの地元の話を聞くことができたり

長期休暇の前後ではメンバーさんが地元のお土産を買ってきてくださって、みんなでいただくことがあったり

ワイワイしながらダンスを楽しんでいます。


自分の常識はまわりは新鮮だったりしますので

地域での文化の違いって本当に面白いですね(^^)

ちなみに、月曜日のリリー先生は

うどん県高松市のご出身なのですが

先日テレビで、うどんにあんこ餅が入っているものがあると聞いて、衝撃を受けました!!!

次にリリー先生に会うときに聞いてみようと思っています!




大阪に住んでいる人はタコ焼き機を一家に一台、必ず持っている

という話も有名ですよね。


「大阪に住んでいる人はタコ焼き機を一家に一台、必ず持っているというのは本当ですか?

という街頭アンケートで


「いやいやいや、なんぼ大阪やいうたかて、そないにタコ焼き食わへんわ~!」

「え、お持ちでないんですか?」

「いや、持ってるけど・・・」


というやりとりは当たり前。

え?ぼくですか??

もちろん・・・

二台持っていました・・・・

なんでこんなにあんねん・・・・




さてさて、そんな話のネタになる地元トーク。

みなさんの地元には、独特の文化などはありますか??

ぜひぜひ、レッスンの際にでも教えてくださいね~~~♪



#社交ダンス #ダンス #大阪 #エニー #エニーダンス #趣味



any dance associationをフォローしてください!  特定商取引法に基づく表記

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • Twitter - Grey Circle

​© 2017 by any dance association