• 裕次郎

カレーのおいしさは無限の可能性


こんにちは。

カレーは飲み物というフレーズを考案した人と語りたい。

裕次郎です。

カレーはおふくろのあじ!という人も多いのでは?

お肉も家庭によって違うようですね。

牛肉?鶏肉?豚肉の人もいますね。

人参ジャガイモ玉ねぎ・・・

トマトが入ったり・・・・

具材や辛さだけでなく、カツやエビフライ、ゆで卵など・・・・

トッピングも加えるとカレーの可能性は無限大。

これって社交ダンスと似ていませんか?

お米(男性)とカレー(女性)が力を合わせて仕上げる一つの作品。

カップルによって形は本当にさまざま。

カレーのためにお米を固めに炊くこともあります

お米に対してカレーが多すぎても、バランスが悪い。

そう、カップルバランスがとても重要なのです。

絶妙なマリアージュ。

奏でるハーモニー。

スプーンが止まらない。

背中が汗ばんできた。

しかし、水を飲むことでこの味わいを中断したくない。

もう、止められない。

気が付いたら、完食・・・

一皿に込められた芸術。

この一皿のために、何十時間、何百時間も研究されてきたのでしょう・・・

たくさんの失敗を重ねながら。

よし。

今日も練習頑張ろう!

おかわり!と言っていただけるように。


any dance associationをフォローしてください!  特定商取引法に基づく表記

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • Twitter - Grey Circle

​© 2017 by any dance association