BLOG

エニー講師陣&サポーターによる日常ブログです。たまに(?)大切なことが書かれるかもしれません。

  • ヒロ

エニーはこうして作っています

エニー立ち上げの一人、ヒロです。


社交ダンスをしていると気づく事実


30歳くらいから55歳前後の間の方がすっかりいない。



一番層が厚いのはご想像通り60歳以上の方になります。


年齢が下がるにつれてだんだん減ってくるのではなくて


働き盛りや子育て世代の空白の年代があって


また若い人たちのダンス人口は増えます。


若い方がいらっしゃるのは、大学でやっていた延長であるとか


ヤングサークルの功績が理由です。


では空白の年代はというと


家庭を持ち、いろんなものにお金かかる。


社交ダンスは団体レッスンだけなら他の習い事と大差はないですが


年に何回かあるイベントもあります。


お金かかるイメージありますよね。


でももう一度いいます。


団体レッスンだけなら他の習い事と大差ないのです。


しかし楽しくなると週に1回ではなく2回3回と練習したくなります。


そうするとたちまち、ご自身のお財布を直撃する。


友達との会食もあるし、服を買うのが好きということもある。


なのでレッスン代をねん出するのは大変ってことになる。


そういう事情を鑑みて、


月額定額で受け放題のダンス教室


を作ったのです。


お財布に気兼ねなく団体レッスンに参加できる。


そんな環境を提供したくて。



となると実現するためにいろいろ考えることが出てきます。


レッスンの時間帯は?


場所はどうするの?


教える人はどうするの?


レッスンの時間帯については働き盛りというか


大阪市内に働きに来ていて、

就業後に練習して帰られる方をイメージしていたので


平日夜がメインです。


場所はもちろん大問題で。


私が長年、利用者としてお世話になっていた練習場がありました。


ここの予定表を見ると、平日夜はほぼ空いている。


そこでオーナーにアポを取り、構想をお話しし

同意を得て最初は間借り、人数が増えてきたら貸し切り


というお話で進めました。


空いていない曜日もあったのでそこは課題として残りました。


教える人はどうしよう。


ダンス教師資格を持つ一人は決まっていました。


しかし一人で全部のレッスンを担当するのか?

教師資格がなくても法的には教えていいことにはなっていたので

アマが教えるということも考えるのか?


いろいろ考えていたら、最初に決まった先生が他の先生にも

声掛けしてくれて10人くらいの先生方にエニーのお話をすることになったのです。


その中から協力してくれる先生方がいて


今があります。


ここまで決まればあとは具体的な作業に入っていきます。


その部分をプロダンサーでなくても得意な人が担当すればいい。


ということでエニーのサポーター制度があります。


WEBサイト作る役割 クレジットカード課金のためのシステムを作る役割 月々運用する役割

一斉メールのシステムを設定、送信する役割 問い合わせのシステムを設定、返信する役割

Facebook、インスタグラム、Twitterの運用する役割

総務的な役割


最初はこんな役割でした。


あとから聞いた話ですが、先生方にとって現場で現金を扱わないエニーのシステムは

大変助かるんだそうです。


そういえば世の中のスーパーもお支払い用の機械を導入するところが増えてきましたね。


ちなみにWEBサイトは「社交ダンス 大阪 初心者」という検索で1ページ目トップに

掲載されることを目指しました。


たしか作って3ヶ月めにはトップまで行かなくても2番目か3番目の位置を獲得していたと思います。 強いのがいてなかなかトップになれません。


エニーを始めて今まで来ると、役割も増えてきて。


毎月のレッスンのスケジュールを考える役割

体験会を企画、実施する役割

イベントを企画、実施する役割

先生とのお話をサポーター全体に共有する役割

レッスンの様子を先生全体に共有する役割


などなど、サポーターが事務的な作業をして、プロのダンス教師がダンスを皆さんに伝える。


そしてそして皆さんからは数を踏むことで踊れる人がたくさん出てくる。


そうすると楽しさが伝播し、自然とまた輪が広がる。


この好循環が出来ていければよいなーと思うのです。





エニーってダンススクールやサークルを超えて共同体ですね。


先生方同士の、メンバーさん同士の、サポーター同士の


先生方とメンバーそれぞれの、


先生方とサポーターの


メンバーさんとサポーターの


この共同体がともに成長していって、大きな大きなエニーになるように活動していきます。


そして私も皆さんとともにダンスを楽しみたいと思います。



PS

エニーの正式名称は

エニーダンスアソシエーション

アソシエーションは「共通の目的や関心をもつ人々が、自発的に作る集団や組織」だそうです。

共同体になることは名前に込められているんですね。