BLOG

エニー講師陣&サポーターによる日常ブログです。たまに(?)大切なことが書かれるかもしれません。

  • ヒロ

社交ダンスで得られたもの

ヒロです


今日は社交ダンスをしていて得られたものについて書こうと思います。


この記事を読んでおられるということは


すでに社交ダンスに少なからず興味を持っておられると思います。


そんな方にもプラスアルファで何か届けられるように。


またあくまで私の感じているままですので


万人に当てはまるというわけではないです。


ではいってみましょう。





人とのゆる~い繋がり


これは本当に個人差が出るところだと思いますが、 私にとっては得られたもので一番大きいものです。


無論、職場や家族などのコミュニティはすでにありましたが そこに行くと知っている人がいる。 よく来たねという雰囲気が伝わる。 行かないと気にかけてくれる。


そんな関係性が築けていることが心地よいです。


個人差がでるのは、人との関わりが要らなかったり 濃くなりすぎると煩わしくなったり それは人それぞれです。


私はうまくやれているのかもしれません。 うまく出来るかな?私が居るので、ご安心ください。



無言語コミュニケーションの習得


少しはリードできるようになったかなという頃に どなたかの知り合いで教室に来られていたアメリカ人の女性がいました。


片言の英語で会話にならない会話をしておりましたが そのうち教室である曲がかかった時に女性は天井ともスピーカーともいえぬところを指さし I like this. と言われました。


で踊ろうということになり1曲踊ることになったのです。


結果は、、、、踊れたのですよ。


難しいことはしませんでしたが、自分のできることだけ音楽に合わせて。


その時、国境を越えて通じるんだという感動がありました。




また普段の練習やパーティにおいても 社交ダンスはペアで踊るものなので、独りよがりで踊っていては成立しません。


お相手はものは申さずとも、リード、反応、反応を感じてこちらも動く。 まさに言葉を使わずともコミュニケーションが取れる。


そこもペアで踊るダンスの醍醐味です。




実年齢より若く見える身体


これは社交ダンス教室のホームページには書いてあることも見かけます。


社交ダンスを数年していると背筋が通ります。


普段から歩く姿もシャンとなります。


私どもから先輩のお姉さま方を見ても、実年齢より10歳くらい若く見える方はザラにいます。


また、教室や練習場には全身の映る鏡があります。


常に自分のスタイルを見ることになり気を付けるようになります。


ダンス自体も特にラテンダンスでは腹部の複雑な動きをするようになります。


おのずとインナーマッスルが鍛えられます。


私自身、全盛期には劣りますがまだウエストのくびれはあります。


筋力について、もちろん脚力はキープできます。 女性はヒールをはいて数時間フロアに立っていることもできますし 男性は踊る時に女性を支える動作もあります。


全身でいうと筋肉は筋トレでつく筋肉とは違うようです。 決して筋肉ムキムキには見えないのに 内部に筋肉がついている。 引き締まっている感じがします。



いかがでしたでしょうか?


あとはリズム感だったり積極性だったり


他にもたくさん得られるものはあります。


それについてはまたの機会に。



あなたと踊れる日を楽しみにしています。